初心者による初心者のための自作PC作り

注意

初めて自作PCを作ったという記事です。
つまり、私も完全に初心者です。
熟練者が初心者向けに書いたというわけではないので間違っている場合もあるかもしれませんが、ご了承ください。
当たり前ですが、この方法通りにやって失敗しても、責任は負いません。

また、この記事を見ながらやるのはいい、というか歓迎なのですが、実行する前に最後まで読んで、ある程度頭に入れておくといいと思います。

必要な道具

  • ドライバー(プラス)
  • ペンチ
  • 静電気防止グッズ
  • USBメモリ(インストールメディアがない場合)(Ubuntuであれば2GBで足りると思います。.isoファイルの大きさで判断してください)

パーツ選び

必要なパーツ

  • ケース
  • マザーボード
  • CPU
  • CPUクーラー
  • メモリ
  • 電源ユニット
  • HDDやSSDなどの記憶媒体
  • グラフィックボード(任意)
  • OS(パーツじゃないけど)

何を重視するか決める

今回私は、主に価格を重視しました。
必要なら後でアップグレードしようという考え方です。

ただし、ゲームをしたくて購入したため、グラフィックボードとSSDだけは入れようと思ってました。

確認すべき情報

  • マザーボードとCPU、CPUクーラーのソケット形状が一致しているか
  • マザーボードとメモリの規格(DDR4-2400など)
  • 電源ユニットのケーブルの本数
  • マザーボードのSATAスロットと付属しているSATAケーブルの数が、付けたいHDDとSSD(SATA接続のみ)の総数より同じまたは多いか(SATAケーブルは、足りなければ別途で買えます)
  • PCI-Express x16の数が搭載したいグラフィックボードの数より多いまたは同じか
  • ケースとマザーボードのファームファクタは同じか
  • 電源ユニットの容量は足りているか(必要な容量は私もよくわからないので自分でググってください…)

私は値段重視にしたので、主に値段を見ながら選びました。

ですが、そうでない人は、そのあたりも考慮しましょう。

決定したパーツ

  • CPU:INTEL Celeron G4900 BOX (クーラー付属LGA1151/3.10Ghz/2M/C2/T2)
  • マザボ:MSI H310M PRO-VH (H310/1151/microATX/DDR4)
  • メモリ:GSK F4-2400C15S-8GIS
  • SSD:DIERYA 240GB SSD 3D Nand 7mm2.5″ SATA3 6Gb/s TLC
  • グラボ:玄人志向 GF-GT710-E1GB/LP (GT710 1G Dr3 LP PCIe x16)
  • 電源:KEIAN KT-450PS3 (自作本舗 ATX 450W)
  • ケース:ENERMAX ECA3360B-BT(U3) (FulmoQ ATX/microATX黒 USB3.0)

ここに書いてあるものは、
ソケット形状:LGA1151
ファームファクタ:microATX
メモリの規格:DDR4-2133(多分)
電源:450W(かなり余裕を持った容量です)
になっています。

あとから知りましたが、KEIANの電源は評判が悪いようです。
気をつけましょう。

ちなみに、SSD以外はドスパラで買いました。
理由としては、30日間自分の過失でも保証してくれるからです。
つまり、ミスって壊しちゃっても大丈夫!
(例外もあります。注意事項を読みましょう。)
初心者には特におすすめです。

さあ組み立てだ!(画像だらけ)

買った部品たちがこちら

ちなみに、一番下のバンドや、右下の白い手袋は、ケーズデンキで買った静電気防止グッズです。2つはいらないと思いますが。

CPUの取り付け

箱を開封!
上のものが付属品たちです。

付属品

  • ドライバーディスク(Ubuntuには使えませんでした)
  • フロントパネル(名前違うかも?)
  • 説明書(英語でしたが、図ばっかりなのでなんとかなりました)
  • SATAケーブル(片側がL字な物と、両側真っ直ぐな物の2本が届きました)
CPUの箱の中身。奥で飛び出させているのが本体で、でかい方はCPUクーラーです。
CPU本体
横のレバーをずらし、上に持ち上げれば開きます。
小さな切り込みを合わせて乗せます
(手袋などをピンに引っ掛けると、簡単に曲がってしまうらしいので注意!)
レバーを下げて元に戻せば完了

CPUクーラーの取り付け

CPUクーラーの取り付け完了

CPUクーラーの4つの穴を合わせ、押し込めば、固定されます。

ケーブルをファンに巻き込まれないように配線しながら、マザーボードの専用のジャック(マザーボードにCPU FANなどと書いてあれば、それだと思いますが、一応説明書を読みましょう)に繋げば、完成。

メモリの取り付け

買ったメモリ
開封
取り付け

まず、スロットの両側(片側の場合もあります)のつまみ(?)を開きます(外側に広げる)。

そこに、切り込みが合うように、しっかり確認してから、マザーボードに差し込みます。

少し硬いですが、つまみが勝手に閉まるまで、力を入れてまっすぐと押し込みます。

ミシミシという音がするかもしれませんが、しっかりと押し込みましょう。

取り付け完了
大きさはこのくらいです

マザーボードの取り付け

ここでケース登場
サイドパネル外した(左下の白いものはネジ入れです。付属はしていません)
とりあえず、マザーボード付属のフロントパネル(?)取り付け(曲げないように注意)

マザーボード取り付け位置にある、六角のものはスペーサーといいます。

マザーボードの位置と見比べて、場所が違えばペンチで移動してください。

もし足りなければ、ケースに付属しているはずなので、それを使ってください。
余った場合、ショートの原因になるので、外してください。

スペーサーの位置が合っているか、もう一度確認してから、ネジ止めしていきます。
ちょっと押し付けないとフロントパネル(?)が跳ね返してくる場合押し付けながらネジ止めします。

電源ユニットの取り付け

開封
ネジ止めしたら取り付け完了

ファンは外側に向けましょう

グラフィックボードの取り付け

グラボ
パネルを2つ外します
グラボを差し込み、大きい方のパネルを戻します。

SSDの取り付け(画像撮り忘れてました)

まず、専用の取り付け場所に持っていき、ネジで固定します。

ケーブルの取り付けは、取り付けの後でも先でも構いません。
詳しくは次の配線の項へ

配線(画像ありません)

電源ユニットから出ているケーブルを、サイズが合ってそうなところに差し込みます。
具体的には、

  • マザーボードに20+4ピンケーブルと4+4ピンケーブル(合計8ピンは2種類あるので注意)
  • HDD、SSD、ディスクドライブなどのSATA接続のものには、SATA電源ケーブル(薄いやつ)
  • 高性能なグラフィックボードには6+2ピンケーブル(私のは要りませんでした)

+というのは、くっつけたり外したり出来るケーブルのことで、例えば、
20+4ピンケーブルは、20ピンと4ピンに分かれるケーブルで、20ピンだけで使う場合とまとめて24ピンで使う場合があるケーブルです。

また、HDD、SSD、内蔵ディスクドライブなどのSATA接続のものには、SATAケーブルでマザーボードにつなぎます。

ケースのフロントパネルなどから出ているケーブルは、ケースやマザボの説明書をよーく読みながら挿していきます。
この辺は、ケースやマザボによって変わってくると思うので、詳しく説明できません。頑張って説明書を読みましょう。
(日本語なら、最初から全部読んどいたほうがいいと思います)

最後にサイドパネルを閉めましょう。

OSインストール

まず、Ubuntu Japanese Teamのダウンロードページから、.isoで終わるファイルをダウンロードし、USBメモリなどに書き込みます。
バージョンは、LTSとつく、長期サポートを選ぶことをおすすめしますが、どうしても最新版を使いたい人はそうでなくても問題ありません。

この記事では、Ubuntu18.04を基準に話しますが、ほとんど変わらないと思います。

ダウンロードや書き込みの待ち時間に、組み立てができているか確認しましょう。

映像ケーブル(HDMIなど・付けたならグラボに)、マウス、キーボードなどをつなぎ、

最後に電源ケーブルをつなぎ、(電源ユニットの)スイッチがあればオンにします。

外部記憶装置を何も繋がずに電源を入れれば、BIOS画面が出ると思います。
(SSD付けないで試したときは出たが、付いているとき出るかわからない)

もし画面に何もでなければ何かミスってると思うので、もう一度確認しましょう。

No bootable Device的なことが出ていても正常だと思います。多分。

確認ができたら、電源を落としてから(電源ボタンでいいですが、設定変えたならちゃんと保存してね)、イメージを書き込んだUSBメモリを差し込み、もう一度電源を入れます。

すると、Ubuntuのロゴなどが出てくるので、デスクトップが出るまで待ちます。

出たら、インストールのアイコンがあるので、押して、指示通りに進めていけばいいです。

これに関しては説明しているサイトがたくさんあるので、詳しくは説明しません。
なにか困ったことがあればググってください。

終わりに

冒頭にも書いた通り、私も初心者です。

なにかミスがあったら教えてください。

パプリック/プライベートネットワークの変更ボタンが出てこないときの対処法【Windows 10】

概要

  1. なぜか、設定のページにパプリックネットワークとプライベートネットワークの設定が表示されない!
  2. 管理者でないといけないらしいが、きちんと管理者だし、管理者として実行もない。
  3. UACが最高なせいでした。

問題

普通の設定の仕方

Windows 10だと、通常でもめんどくさい、プライベートネットワークとパプリックネットワークの切り替え方を説明する。

まずは、スタートメニューなどから「設定」を開く。

次に、Wi-Fiなら赤、有線なら青の矢印部分をクリックする。
分からない人は、赤丸を見るといいだろう。

今回は例としてイーサネット(有線)で進めていく。

次に、赤矢印部分をクリックする。
青矢印のアイコンは、有線かWi-Fiかによって変わるので、違っても問題ない。

ここで問題発生。

通常であれば、ここにプライベートネットワークとパプリックネットワークの設定が出るのだが、ない。

対処法

まず、エクスプローラー、コントロールパネルを、どっちでもいいので開こう。

上の画像のような場所の、赤矢印部分をクリックすると(何も書いてない場所に限る)、文字入力状態になるので、すべて消して、下のように入力します。

コントロール パネル\ユーザー アカウント\ユーザー アカウント

※このブログ上では、なぜか半角の¥が\に変わってしまっていますが、エクスプローラーなどにコピペすれば戻るはずです。もし戻らなかった場合、\を半角の¥に変えてほしい。

すると、このような画面が出るので、

赤い矢印部分をおして、次のような画面を出します。
ここで、ユーザーアカウント制御の画面が出ると思うので、許可してください。

下の画像の赤矢印のところに青いバーがあれば大丈夫ですが、黄色矢印部分に青いバーがあると、表示されなくなるようです。

青いバーを赤矢印のどれかに合わせて、OKを押します。

このバーは、下げれば下げるほど、セキュリティが落ちるかめ、あまり下げないように注意しましょう。初期設定は、画像の上から2番目です。

この状態で、もう一度開くと、表示されます。

開きっぱなしだった場合、一度左上の矢印を押して、もう一度開けば出てきます。

しなくても問題ありませんが、セキュリティを重視するなら、設定した後は、ユーザーアカウント制御の設定は戻しておいた方がいいでしょう。

ドメインを変えない場合の、WordPress移行方法

概要

このブログを、ServersMan@VPSからAWSに一時的に乗り換え、それからロリポップ!レンタルサーバーに乗り換えた話。

理由

最初、使い道もあり、VPSにしていたのですが、その用事も終わったので、管理の楽そうなレンタルサーバーに変えようと考えました。

方法など

前提

前提1

乗り換えるサーバーとは別に、MySQL専用サーバーがある場合などは、手順2.3.5.と前提2,3は飛ばしてください。

前提2

乗り換え先サーバーで、使用するデータベースとユーザーを準備しておく。

前提3

phpMyAdminが、両方のサーバーにインストール済み。
VPSなどで、インストールしていなければ、 下のサイトなどを参考に、インストールする。
今からでも遅くない! phpMyAdminインストールから使い方まで徹底解説

前提4

当たり前ですが、両方のサーバーに、FTPやSFTP等の、ファイルをアップロード、ダウンロードする手段があること。

前提5

ドメインはそのまま引き継ぐ。

1.ファイルのダウンロード

乗り換え元サーバーに、FTPやSFTPなどで接続します。

WordPressの入ったフォルダ(中にwp-contentやwp-adminなどのフォルダが入っている)をダウンロードします。

これには時間がかかるので、その間に次の作業をしておきます。

2.データベースのダウンロード

乗り換え元のサーバーの、phpMyAdminを開き、ログインします。

左の一覧からデータベースを選び、上のバーのエクスポートボタンを押します。
そして、そのまま実行を押し、ダウンロードします。

3.データベースの設定変更

もし、どちらもVPSなどで、同じサーバー内に、データベース名とデータベースのユーザー名とパスワードがすべて同じものを作る場合は、この手順は必要ありません。

もし、この時点で1.のダウンロードが終わっていなければ、5.を先にやっても構いません。

1.でダウンロードしたフォルダの中の、wp-config.phpというファイルを開いてください。

define('DB_NAME', 'データベース名');
define('DB_USER', 'ユーザー名');
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');
define('DB_HOST', 'ホスト(サーバー)');

このような部分があると思うので、
日本語部分を新しい情報に書き換えてください。

4.ファイルのアップロード

もし、この時点で1.のダウンロードが終わっていなければ、5.を先にやっても構いません。

1.でダウンロードし、3.で中身を少し書き換えた、WordPressが入ったフォルダを、FTPやSFTPなどでアップロードします。

5.データベースのアップロード

乗り換え先サーバーの、phpMyAdminを開き、ログインします。

左の一覧からデータベースを選び、上のバーのインポートボタンを押します。
そして、そのまま実行を押し、ダウンロードします。

6.ドメイン設定

レンタルサーバーであれば、独自ドメイン設定などで、ドメインと、WordPressが入ったフォルダを指定しましょう。

VPSであれば、ウェブサーバーの設定ファイルにドメインと
WordPressが入ったフォルダを指定する、などです。

6.DNSサーバの設定変更

すべての作業が終わってから、ドメインDNSの接続先を変更します。

サーバーによって違いますが、VPSならDNSサーバーのAレコードに、サーバーのIPを入れるのが一般的だと思います。

サーバーによってはネームサーバーごと変えさせて来るやつもありますが。

7.(任意)移行元サーバーの解約

他に使い道がなければ、元のサーバーは解約するでしょう。

解約するのは、作業が終わってからにしましょう。

検索エンジンに掲載されていないサイトならともかく、少しでも読んでもらえる可能性があるブログを一時的にでも止めてしまうのはもったいないです。

DNSの設定変更が、全世界に伝わるのには、時間がかかることがあります。

まとめ

お疲れ様でした。

Virtual Boxのハードディスクのサイズ変更でエラーとか

ここから下は、遭遇した問題と、その解決方法を長々と書いています。

早く結論を知りたい人は、下のまとめまで飛ばしてください。

Virtual Boxのハードディスクサイズの変更

遭遇しなかったけど、注意すべき問題(VHDの人のみ)

データが壊れるかも(詳細はここをクリック)

問題1

VBoxManage modifyhd 仮想ディスクのファイル名 --resize 新しい大きさ(MB)

Virtual Boxのハードディスクサイズを変更するには、上のようなコマンドを、コマンドプロンプトで入力すればいい…のに、動かない。

'VBoxManage' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

解決

バカでした。
この、VBoxManageというのは、Virtual Boxのインストールフォルダにあるのです。

それを、コマンドだと思って実行していました。(Windowsでコマンドが追加されるのは変だとは思いましたが。)

なので、下のように実行するか、

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" modifyhd 仮想ディスクのファイル名 --resize 新しい大きさ(MB)

一度、下のコマンドを実行してからでないといけないようです。

cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\

ここで成功して終わりな人もいるでしょう。

問題2

でも、僕の場合はここで終わりませんでした。

またエラーです。

VBoxManage.exe: error: Resize medium operation for this format is not implemented yet!

解決

このエラーを検索したところ、このページがヒットしました。

このエラーは、仮想ハードディスクを固定サイズで作成したのが原因のようです。

このエラーは、一度、ハードディスクをコピーすることで解決します。
コピーと言っても、ただエクスプローラなどでコピーするのではなく、clonehdという機能を使います。

下のコマンドを入力してください。

"C:Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" clonehd 元の仮想ハードディスク名 新しい仮想ハードディスク名

こうすることで、新しい元のハードディスクのデータを含んだ、「可変サイズ」の新しいハードディスクが作成されます。

これを使って、もう一度clonehdすると、成功しました。

まとめ

  • “固定サイズ”の仮想ハードディスクのサイズを変えたいときは、「”C:Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe” clonehd 元の仮想ハードディスク名 新しい仮想ハードディスク名」というコマンドを使って、”可変サイズ”に変えなければならない。
  • “可変サイズ”の仮想ハードディスクのサイズを変えたいときは、「”C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe” modifyhd 仮想ディスクのファイル名 –resize 新しい大きさ(MB)」

参考にしたサイト

Amazon DashButtonの割引条件は?

Amazon DashButton、実質無料?

Amazon Dash Button(ここからはDashButtonと呼びます。)は、500円しますが、Amazonにはこの様に書いてあります。

“【実質無料】ボタンを500円で購入。ボタンを通じた初回注文時に500円差し引かれます。”

これだけだと説明が不十分な気がしたので、具体的にどういう割引条件なのか書いています。

ただし、これが間違っていたとしても、責任は取りません。

DashButtonの割引条件

下に、今までの事から見つけた共通点などを書いています。

一回目

  • ボタンからの注文でないと使用できない。
  • 2つの1回目割引は同時使用できない。(ボタンに割引券が入っているイメージ)
  • 買った商品が500円に満たない場合、繰り越されるが、使用条件は下のように変わる。

二回目(一回目の注文が500円に満たなかった場合)

  • DashButton本体を除いた、Amazonが発送する商品から割り引かれる。
    DashButtonの対象商品である必要はない。(アカウントに割引券があるイメージ)
  • 1回目の割引と同時使用可能